読み物

【メイドインアビス】メイニャって…なんなんだ!

投稿日:2018年3月18日 更新日:

© 2014 つくしあきひと

メイニャもナナチに匹敵する程可愛い。
最新技術を駆使したぬいぐるみの開発を急いで頂きたい程に可愛い。
そんなメイニャについて調べてみようと思います。

メイニャの出自について

メイニャが元はイリムという女の子だろうという事は、他サイト様にて拝見して感心感激でした。
最初はカエルと哺乳類足したような生き物だと思っていたんですが、まさか元女の子だとは…。

メイナスト イリム…なるほど。
アニメ版ではイリムの顔と髪の色がピンクである事が確認できます。

© 2014 つくしあきひと アニメ版13話より引用

ナナチを参考にすると、成れ果ての毛色は元々の髪の色と変わらないはず。
二期で登場するメイニャがピンクっぽい色をしていたらもう間違いないのでは。

8/4追記
なんて思ってたら7巻表紙にてメイニャカラーが判明しちゃいましたね。

© 2014 つくしあきひと

なんだチガウじゃ~ん!とは言えないのが面白いところ。
形状が思いっきり変わっているならば、色も変化してたっておかしくないはず…。
ちょいと真実が遠のいてしまいました。
これで、あの女の子とメイニャの関連性を匂わせるものはボンドルドの紹介のみ。
ろくでなし卿の発言というのが微妙ですが。
メイナストは驚かせ屋さんて意味かなと思います。
脅威という意味のメナスをオサレにもじったのでは…。
己のオサレ感に酔ってる感じのネーミングセンスのボンドルドさん。
枢機の光でスパラグモスって、僕ちょっとわかりません。
明星へ登るでギャングウェイ。もう許してほしい。
リコさんも火葬砲で似たような名付け方をしてますが、やはりこの辺のセンスからしてあちら側なのだろうか。
メンタリストが超常現象や心理学を駆使してパフォーマンスを見せてくれる人ならば、メイナストは脅威を…
自分が無理やり実験に利用しておいて、
おやおや…人間性を失いつつも別な生き物になりましたね…
やはりアビスは脅威的です。
こんな現象を見せてくれるだなんて、イリムは驚かせ屋さんですね。
こんな感じの名づけ方を想像すると頭おかしいしろくでなし過ぎ…ろくでなし以上の言葉が浮かばないのがもどかしいくらいです。
僕に言わせれば驚かせ屋さんってのはボンドルドの方なんですよねぇ…
追記終わり

© 2014 つくしあきひと

この後、ボンドルドが人とそれ以外では上手くいかなかったとナナチ達に説明する場面がある。
何か他の生き物に呪いを押し付けた結果、今のメイニャの姿になったようだ。

この生き物というのはネリタンタンではなかろうか。
3巻にてあばら骨が器用に変形するという説明があり、メイニャを治療した時にナナチが柔らかい骨と表現した事からなんとなく。

© 2014 つくしあきひと

 

メイニャが人間性を失いつつも整った姿である事から、すぐにナナチとミーティに対する実験を思いついたのかというと、そうでもなさそう。

イリムが呼ばれた時点でナナチとミーティの他に5~6名の子供達が残っており、部屋に最後まで居たのがナナチ。

もしかするとメイニャと同じような変化をした子供が居るのかも。
ボンドルドがメイニャから他の子供達にかけて行った実験で、確信めいたものを得ていたわけでは無さそうなのが救われない。
ミーティだけを呼んでいた事から考えて、ナナチ達に対して行った実験は言っちゃなんだけど軽いノリなんだもの。
ボンドルドが実はそれほど優秀では無く、度重なる実験による力業で成果を上げていたと考えると、数々の技術の裏に一体どれほどの犠牲あった事か。

他の祝福の子達を参考にメイニャを見てみる

話がちょいとボンドルドなのでメイニャと他の祝福を受けた子達を比較してみたいと思います。

裏表紙にてサービス的に描かれているミーティとプルシュカの祝福バージョン、そして成れ果て姫ファプタとナナチ。

© 2014 つくしあきひと

© 2014 つくしあきひと

© 2014 つくしあきひと

© 2014 つくしあきひと

ナナチだけ上に向かってウサギ耳な事から、女の子は耳が横からファッフな仕様ですね。
メイニャはというと…

© 2014 つくしあきひと

最初は羽だと思っていた部分が実は耳だとすれば、横からファッフ仕様なので元は女の子であると推測出来ますね。
女の子がこんな姿になるなんて、アビスの負荷はなんとも脅威的。

メイニャの意識はどうなってるのか?

元人間の子であるならば、中身はイリムのままなのか?
リコ達の度し難い行為を目にしたとき、メヤァとしか言えないながらも心の中でツッコミを入れてたりするのか?
ちょいとメイニャの行動を追いつつ確認してみたいと思います。

© 2014 つくしあきひと

 

ここではプルシュカの会話に元気よくお返事していますね。
普段はメヤァ~という鳴き方なのにここではメヤ!ですからね、誇らしげな反応にも思えます。人語は理解しているとみてよさそう。

微笑んだり

© 2014 つくしあきひと

カートリッジにされ内部で成れ果てたプルシュカを確認した時は、この後も沢山鳴いていた事から悲しんでいるようにみえた。

© 2014 つくしあきひと

某仮面の男よりは確実に人間っぽいですね。

また、プルシュカの回想で彼女がパパの特別になると言った時の様子がこちら。

© 2014 つくしあきひと

プルシュカの身を案じているようにも思えますが、ボンドルドについて思う所があるのだろうか?
それならば以前の記憶も持ち合わせているのでは?

初登場の時のメイニャの様子は生まれたての小鹿っぽく見えていました。
しかし記憶があるならばこれはボンドルドに怯えているように見えなくもない。
だけどこの後ボンドルドの手から食べ物貰ってるという…記憶に関してはちょっと判断が難しい。

© 2014 つくしあきひと

知性を感じさせる場面は多々見受けられますね。

© 2014 つくしあきひと

ここはメイニャが元々イリムという女の子であると考えると実に問題のある場面です。
それはさておき、大事そうなトコでってのがポイントですね。

(c)メイドインアビス

ご覧の通り、祭壇の中で排泄行為を隠せそうな場所はここしかありません。
リコもその後同じ場所でン”ボップしてる事から、トイレに選ぶならここが最適。
迷うことなくあの場所を選んだメイニャの知性が伺えます。偶然かもしれないけど。

© 2014 つくしあきひと

ここではきちんと手足を駆使して体制をキープしており、少し人間性の名残を感じます。
さらには、プル笛が何者かに奪われた際、悲しむリコを慰めるメイニャが。

© 2014 つくしあきひと

これは人の感情を理解していると考えられまいか?
これはワンコでも見られる行動なのでちと弱いでしょうか。それにしても賢い。

それなら犯人追跡中のこの行動はどうだろう?

© 2014 つくしあきひと

これは後にファプタが施した獣除けと判明するのですが、嗅覚を頼りに犯人追跡中のレグより先に気付くという有能っぷりを披露。
この状況で違和感を察知するという事は、今一同がどのような目的で行動しているかを理解しているのではなかろうか。

© 2014 つくしあきひと

これは6層の成れ果ての村に到着した時の場面ですが、ちっとも前に進まないレグを見つめるメイニャの顔。
なんだか口角が上がってニヤけているようにも見えます。
しかもこの直後レグを差し置いて真っ先に障壁を乗り越えるという男前な行動。

© 2014 つくしあきひと

振り返ればなんとも人間味豊かなメイニャ像が浮かんできました。
こうも人間臭いと、もうペット感覚で見る事は出来ないですね。
姿はモフモフだけど、今後は一匹では無くもう一人の仲間として見ていきたいと思います。

成れ果て村でのメイニャさん 8/4追記

極めて自然にリコとのコミュニケーションが取れている。
これまで感情豊かな姿を追ってきましたが、それがとうとう馴染んだ様子。
体を揉みしだかれて変な声でてるだけかと思ってましたが、モムとかモムフムも鳴き声だったようです。
今回のモム!は雰囲気的にそれな!って感じ?
やることなすこと、実に興味深いもふもふ。
なんかもう、メイニャはメイニャって事で良い気がしてきました。

© 2014 つくしあきひと

成れ果て繋がりでカジャさんの事を少々。

最後に、ちょっと村でのカジャさんの言い草が気になった。

© 2014 つくしあきひと

ナナチを良い匂いのふわふわ、そしてミーティを温かな呪いの塊と絶賛しておきながらメイニャはソレ扱い…。
ヤドネと似たような感覚で見てそう。
メイニャも祝福受けてるのに…人間以外の祝福ではいかんのでしょうか。

ここのカジャさんのセリフもちょいと引っかかる部分でした。
村が魂の信号を見て清算を行うというのなら、マアアさんが受けている清算が答えなのですよね。
ここでその説明をすれば良いだけのお話だと思うのですが、何故か上のような事を言う…。

これ、実はリコが発する魂の信号を変えようとしていたのでは。
途中で価値観が変わったらどうなっちゃうのか不明ですが、実際にそうなったら差分をリコから清算という事態になっていたのでは…なんて思ったり。
ナナチをベラフの元に案内したのも実は何か企んでのものではないか?
このコマ一つでカジャさんを心の底から信用出来ないのですが、気のせいだろうか。

5/25日追記。
最近、カジャさん腹黒説が払拭されました。
ナナチをベラフの所に案内しちゃったのは親切心からでしょう…。
ここでも最初は何やらかしとんじゃコイツゥ…!とちょっぴりご立腹な僕でした。

しかし46話前編にて印象は一転。

© 2014 つくしあきひと

ベラフによって示された不自由な選択。
両目か両足か内臓半分のうち、何を差し出すか決意したリコの口を即座に封じて最悪の事態を回避。
ベラフの思惑を知っていて、目の前でそれを阻止。
これってかなり凄い事だと思う。
三賢ベラフの邪魔をしたら目を付けられちゃいそうなもの。
それなのに知り合って間もないリコに味方するなんて…マジカジャは善意の塊か!
何を取られてもおしまい!とリコを説得していることから察するに…応じていたら最終的にベラフに全部持っていかれたのかも…。
実際、リコが選んだのは内臓半分だったのではなかろうか?
目はちょっと…足も…からの決断なので恐らくは。
で、ベラフは内臓半分の場合死なないよう万全をつくすとか言ってたけど…まぁ殺されていたかも知れませんなぁ。
死んじゃったらまぁ…しょうがないよねいただきます!って作戦だったのかも?

46話のとんでもない盛り上がりはカジャさんあってこそ。
マジカジャ最高!
以上、46話後編までみて手の平クルックル大回転なペケジローでした!

-読み物
-

執筆者:


  1. […] メイニャって…なんなんだ!https://pekejirou.com/interesting/books/meinya/ (c)メイドインアビスメイニャもナナチに匹敵する程可愛い。最新技術を駆使したぬいぐるみの開発を急いで頂きたい程に […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

屍牙姫 29話 哀別 の感想

今回はまさかの急展開。 想像を絶するとはこの事…! いろいろな部分でしてやられた事でメンタルが捥げましたわい。 暫くは示されたお話を読んで感想を述べるくらいしか出来ますまい。なんか捥げたし。 どちらか …

終末のワルキューレ 第2巻の感想

終末のワルキューレ 2 (ゼノンコミックス) posted with ヨメレバ アジチカ,梅村真也,フクイタクミ 徳間書店 2018-09-20 Amazon Kindle 楽天ブックス 7net 二 …

コミックゼノン 屍牙姫と終末のワルキューレ

magazine walker は初月無料で登録できる…!お得やないか! と、思ったらその月が無料という意味だったでござる! 登録から一月無料という意味では無かった! なので登録するなら月初がお勧めで …

【メイドインアビス】意外と厄介な謎を秘めているリコさん

目次です。1 謎を考える時に関わったリコさん情報2 呪い除けの籠の仕様がよくわからん問題3 今のリコさんの魂はライザの娘のそれじゃないのでは?4 最近、リコさんが可愛らしい問題 7/16 追記 謎を考 …

まじヤバ探窟家 黎明卿ボンドルドのページ

ボンドルドさんについてあれこれと考えたページが長くなったのでゾアホリック~! 【メイドインアビス】黎明卿 新しきボンドルドが気になって夜しか寝れない。7巻読んでろくでなし新発見 8/6カートリッジにつ …

カテゴリー

error: Content is protected !!