読み物

【メイドインアビス】白笛いろいろ

投稿日:2018年5月6日 更新日:

作中に登場した白笛についてあれこれ考えてみました。

自分自身で冒険を、というのはこの前ちょっと痛い目に遭ったので自粛。
急所にかゆみ止めを塗ると地獄の業火に焼かれる事となる…気を付けましょう。

判断材料としてはちょっと怪しいボンドルドさんからの情報

  • 二級遺物、命を響く石の原料人間
  • 5層にある前線基地が元は祭祀場の遺跡。
  • 祭祀場は6層以降へ挑む為の儀式を執り行う為の場所であった。
  • 使用者に全てを捧げる確固たる意志が無ければ命の紋が適合しない。
  • オーゼンライザの笛もそうやって作られた
  • 作られた楽器の音色は、遺物の真の役割を引き出す力を持つ。

各ランクの深度制限

  • 赤笛は1層の前半550メートルまでが限界深度。

    © 2014 つくしあきひと

  • 蒼笛は2層まで。赤笛が2層に居るのを他の連中に見られたら面倒という理由で監視基地滞在中にオーゼンから持たされていたことから。
  • 月笛は3層まで。
    黒笛になって喜ぶライザにオーゼン流の祝いの言葉。

    © 2014 つくしあきひと

    これにより、黒笛手前の月笛が3層までとわかる。

  • 黒笛は4層まで。

    © 2014 つくしあきひと

    出来るメガネ、シギーが1巻で4層に行けるのは黒笛以上、深界5層は白笛だけの世界と教えてくれていた。

    © 2014 つくしあきひと

    4層までだった、と考えた方が良いのだろうか?
    完全に自分都合で黒笛が5層に行けるようにしちゃったボンドルドさん。
    今は黒笛なら5層にも行けちゃうのかもしれない。
    成れ果て前のナナチも可愛いですね。

  • 白笛は制限無し。

祭祀場が5層で黒笛の深度制限が4層までだとすると…皆さんどうやって白笛ゲットしたの?

5層にある祭祀場て…黒笛は入れないじゃない?
白笛全員が一様に祭祀場での儀式によって遺物を得ているのなら、深度制限はもしかすると目安的なものなのか?
探窟家の性分を考えると深度制限なんて関係ないのかも知れない。

そう思い込むにはちょっと厄介な事に、ボンドルドが黒笛の5層立ち入りをわざわざどこかに進言しているんですよねぇ。
あのろくでなしがちゃんとした手続きを踏む辺り、かなり厳格なルールなのかも?
オーゼンさんもライザさんも律義に深度を守って活動していたみたいだし…。

やはりお国に申請するのだろうか?
これから白笛作るから5層の祭祀場にいかせてください。
一人の命を犠牲に白笛になるので5層へ行かせろとも受け取れますが。

これが一番スマートな方法かも知れないけど、ちょっと受け入れ難いんですよねぇ。
これまで見てきた白笛の人物像的に、このような方法で入手したとは思えない。
そんなわけでオーゼンさんやライザさんを擁護してみます。

実は儀式とか関係ないんじゃないの?

プルシュカが命を響く石になったのは、ボンドルドが何かしかけていた可能性も考えられます。
でも、奈落で死の間際に所有者となる者を想う事で肉体が遺物を形成すると考えるとしっくりきますね。
これなら4層までの間で偶然生まれる可能性もあるので、最初に命を響く石を発見した者の状況を考えてもわかりやすい気がします。

儀式は人為的に遺物を得るための手段に過ぎないのかも。

殲滅卿 殲滅のライザ

© 2014 つくしあきひと

リコのお母さんで、彼女の旅の目的でもある伝説的白笛。
幼少時、オーゼンを師匠にスカウトする。
これぞ常識に囚われないアプローチ。
度し難いが口癖でありながら本人も割と度し難い人。
1巻によると数々の記録を打ち立て、ラストダイブしてからも未だに破られていないのだとか。
白笛の中で最も偉大というのが地上での評価。

ライザの白笛は…誰だろう?
オーゼンの回想を見た限りでは、トーカと結婚した時には既に白笛になっている。
ライザの肉親が笛の原料となった、というのはどうだろう?
黒笛になり、父親に追いついたので探窟に同行。
ある日、何らかのアクシデントで父は命を落とす事になり、娘に冒険を託した事でその肉体が命を響く石を形作った…というロマン。

1巻で笛が上がったのはなんでだろう?
ライザが存命中だとしたら、何故に白笛を手放したのか?
リコの父、トーカもまた奈落の中で命を落としている。
彼もまた命を響く石を形作ったのではないかと思えますね。
今はトーカ製の笛を所持しているかも知れない。

不動卿 動かざるオーゼン

© 2014 つくしあきひと

今はこんな感じなので、他人を犠牲に遺物を獲得とかもしちゃいそうに思える事でしょう…。
しかし、オーゼンさんも昔はとても可憐な乙女であったのです。

マルルクを見ればわかる。

© 2014 つくしあきひと

このフリフリな格好はオーゼンがマルルクにさせているもの。
つまりオーゼン様のセンスによって演出された可愛らしさなのである。
センスというものはにわか仕込みでは身につかない。
ここまでの完成度を示すのはただ事では有りませんよ!
マルルクは日の光に弱く地上に出られないそうなので、衣類を自分で選べない。
それを良いことにオーゼンさんが自身の願望を弟子にぶつけた結果、読者の一部を新世界へ誘いかねないマルルクという魔性が誕生したのである。

オーゼンさんの秘められた可憐な一面がこんなところに体現されている…
そんな女性が誰かを生贄にして白笛ゲットなんてするわけない!と思いたい。

今のような闇属性になっちゃったのは白笛になってからなのではないか?
黒笛時代までは光属性であり、オフの時はマルルクのような恰好をしていたかもしれない。
そんな眩しい女性探窟家ならば信者的探窟隊が結成されてもおかしくはない。
探窟中に命を落とした隊員は漏れなく命を響く石となった事であろう…。

黎明卿 新しきボンドルド

© 2014 つくしあきひと

私に全てを捧げる明確な意思を持つ人なんて居ませんでしたので、自分で遺物になっちゃいましたー
いいんです。
私にはゾアホリックがありますから。
肉体なんて飾りですよ。
アホな人にはそれがわからんのです。
笛に関しては自力で確保という偉業を成し遂げているわけですが、他で色々犠牲を出し過ぎてヤバい人ですね。

神秘卿 神秘のスラージョ

© 2014 つくしあきひと

名前くらいしか出てきてませんが、僕はスラージョがボンドルドとつるんで何かしていたと疑っている。
ボンドルドと協調出来ちゃう人物…と考えるとその人間性も推し量る事が出来ちゃいそう。
ペストマスク的なデザインがちょっと異様。
ただいま6層以降へ潜伏中。
この先リコ達と遭遇しちゃうかも知れないので要注意人物である。
二つ名から想像すると不思議能力を持っていそうなので、強くなったレグでも苦戦するかもしれない。

先導卿 選ばれしワクナ

© 2014 つくしあきひと

体から炎が立ち上っているように見えるがこちらも遺物の効果なのだろうか?
見るからに強そうだがご老人らしい。
ボンドルドの前線基地をスルーして6層へ潜った事から、ボンドルドを毛嫌いしているかもしれない。
だとすれば割と崇高な精神の持ち主かも知れないけど人物像は不明。
今後、リコ達が遭遇するかも知れないが、これまで出てきた白笛はだいたいまともじゃないので油断はできない。
何に選ばれたのかは不明ながら、背後に立ち上る炎が選ばれてる感を見事に演出。

結局、儀式ってなんだったのかしら?

…儀式の情報源はボンドルドさん。
それってつまりボンドルドさんの知り得る限りの情報って事ですよねぇ…?
いかにお偉い白笛様と言えどもわからん事があるんですね。
彼には一緒に冒険する仲間とか…ね?
探窟隊は居ても自分の精神の入れ物くらいにしか思って無さそうだし…こんな奴に全てを捧げるなんて頭おかしい判断をする者も居ないですよね?
結局、強制的に遺物を生み出そうにも人材が確保出来ずに自分を遺物にしちゃったわけですが。
偽造白笛ギリギリの一品。
求める事無く与えられる、友からの贈り物とかそういう類のものには縁が無さそうなボンドルドが辿り着いたのが儀式だっただけなのでは?

オーゼンとライザが遺物を入手した経緯は偶発的と思えます。
スラージョとワクナはなんとも言えませんが…
初めの白笛を考えると、やはり仲間と共に冒険を繰り返す中で、偶然入手するのが自然な流れなんじゃなかろうか?

笛の効果について

これまで作中で白笛によって遺物が起動された場面を比べて、少しだけ推測してみたでござる。

まず一度目。
オーゼンが呪いよけの籠を起動した結果がこちら。

©️ 2014 つくしあきひと

そう言えばアニメでは笛の音が不気味な感じ。
でもオーゼンの音と言われると何故かしっくりくるのでスタッフさん…いい仕事してますね!

そして46話後編の、プル笛によって変身したスーパーレグさん。

©️ 2014 つくしあきひと

登場する過程から表情から台詞まで文句なしにカッコいいではありませんか…!

さてさて、オーゼンの笛がなった時、実はレグはすぐ後ろにたっていた。
にも関わらずスーパーにならなかったのはどういうわけか?

使用者が意図する遺物のみに作用するという事で良さそうです。
書いてる途中で察してしまいました。

レグの時は、このようにプルシュカ自身が使用を促しているのですよね。

©️2014 つくしあきひと

こうなるともう、白笛は単なる楽器とは言えますまい。
上の場面ではリコもプルシュカを見つめている程に強く感じている。絆パワーが凄い。
持ち主の気持ちからその時すべき事を察するなんて余裕でしちゃいそうです。

今回の場合はそうだなぁ…。
遺物と関係が深い白笛ゆえに、レグの接近を知っていたかも知れない。
あの騒動の最中で判断力を失いつつあるリコに働きかけ、リコにとって最善の結果を導いた…。
なんて考えられるかな。

各白笛の性能は、中の人と使用者の結び付き、さらに中の人の性格とかも関係あるのかも。

これを踏まえてオーゼンが笛を鳴らした時に戻ると、
レグが反応しなかったのはオーゼンさんが籠を起動する為に笛を鳴らしたから、と考えて良い。
レグ的にオーゼンが好みじゃないから反応しなかったわけでは有りませんね。

もし仮に、オーゼンがレグを起動する為に鳴らしていたらしっかり発動していたはず!

白笛と持ち主が以心伝心とはなんとも…伴侶みたいなものですね。
あっ…ボンドルドさん…なんでもないです。

 

 

-読み物
-

執筆者:


  1. […] 【メイドインアビス】白笛いろいろ作中に登場した白笛についてあれこれ考えてみました。自分自身で冒険を、というのはこの前ちょっと痛い目に遭ったので自粛。急所にかゆみ止めを […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

屍牙姫23話、取引 の感想

読んだ感想なのでネタバレ注意。 前回に引き続き壮一と環様のバトルがメインな23話。 しかしラストは今後より一層ドロドロデロデロな展開を予想させる締めくくり。 先への期待が高まる良い回でありました。 壮 …

メイドインアビス4巻の感想とあらすじ

メイドインアビス第4巻を読んで、感じ、想った事を記しています。 ところどころネタバレしちゃってますので、初見は作品で!というスタイルの方は、スルーした方が良いです。 既に作品を知っていて、あの部分につ …

主にラノベを読んでた僕が時代小説の居眠り磐音読んだらドはまりした。

目次です。1 居眠り磐音 江戸双紙2 魅力的な登場人物たち3 読み終えてみた感想4 空也十番勝負…だと!?5 酔いどれ小籐次 居眠り磐音 江戸双紙 既に完結したこの作品、電車の中吊り広告で目にした人も …

漫画、【骨が腐るまで】が面白い!

kindleの策に嵌ったと言わざるを得ない。 僕も職場に面白い本の1巻だけ仕込んで、他の人に嵌らせるという策を弄したりしましたが…まさか自分がそれを喰らうとは。 骨が腐るまでを読んだ切欠は完全に表紙で …

【Zingnize ジンナイズ】 第1話 これは面白くなりそう!

ZINGNIZE|COMICリュウわらいなく/著。江戸創生期の闇を、三人の甚内たちが斬る!! 圧倒的な剣戟シーンに注目の時代劇エンターテインメント! 期限が過ぎると過去のお話が読めない場合が有ります。 …

カテゴリー

error: Content is protected !!