読み物

屍牙姫23話、取引 の感想

投稿日:

読んだ感想なのでネタバレ注意。

前回に引き続き壮一と環様のバトルがメインな23話。
しかしラストは今後より一層ドロドロデロデロな展開を予想させる締めくくり。
先への期待が高まる良い回でありました。

壮一君がチカちゃんを想って一生懸命戦ってるんだけど、どう考えても諸悪の根源なので微妙な気分。
ゆえに今回は環様の麗しいお姿を追っておこうそうしよう。
僕の勝手な妄想が混ざってますので真に受けてはいけません。

© 2017 佐藤洋寿

こちら、相手を間違えてやしないか?と再び壮一に問う所ですね。
意外とお優しい。
ちょっと性格はキツイのかも知れませんが、ご主人様的には有りなのではなかろうか!
修の彼女でありながら壮一にここまでさせるチカちゃんの魔性っぷりが際立ちますね。

© 2017 佐藤洋寿

壮一に狩り殺したい気持ちで一杯だよぉ!と言われた時の様子がこちら。
不敵な笑みで余裕を演出しつつも実はちょっぴりショックを受けてたりして。
二度もチャンス与えたのに殺すとか言われたら結構きっついと思うんですよね。

© 2017 佐藤洋寿

攻撃を開始しつつ、壮一がこんな事する原因と思われるチカを軽くバッシング。
したら壮一がまた怒るんですよ!
多分滅茶苦茶イラついてるんだけど、やはりご主人様としての威厳を保たねばなりません。
という事では?と一言だけ発し顔をポリポリしてなんて事なさそうな雰囲気を演出。
可愛いがってるつもりの壮一に怒られると結構効いちゃうのかも知れない。

© 2017 佐藤洋寿

そこに突然壮一が斬りかかってくるわけですが、瞳が普段より大きく見開かれててちょいと可愛さ割り増しな感じ。
普段は可愛いって感じではないですが…おめめパッチリな環様も良い(*‘ω‘ *)
多分ここは壮一が本気で殺りに来てると悟ってマジびっくりしてる所でしょう…。
えっ…本当に殺したいの?うそでしょ的な驚きが目に現れています。
上辺はキレッキレの狂った血族でありながら実は内面に乙女を秘めた環様。
これはもう間違いなく有りなのです!

© 2017 佐藤洋寿

して、実際に攻撃を当てられてめっちゃびっくりしちゃってますね。
指の痛みと同時にジワジワと壮一が本気って事を痛感する場面かな?
次の瞬間には様相を一変させちゃってる環様が流石にございます。

© 2017 佐藤洋寿

目!
瞬時に血走り壮一に見切りをつけたご様子。
殺す殺す言いつつも当てられない壮一、そして後でちょいと虐めたら許してあげよう。
そんな予定でしたがガチで殺しに来てるとなれば話は別って感じでしょうか。

© 2017 佐藤洋寿

そうと決まったら行動の早い所は流石。

この時点で既に勝負あり。
なんと壮一が痛みを感じる間も無く両腕を捥いでいたんですねぇ!
やはり血族と使い魔では基本スペックが違う…第三の死とかいってますがオリジナルが殺される事は無いのでは。

© 2017 佐藤洋寿

空気が重々しい。
果たしてどんな顔してるのか。

© 2017 佐藤洋寿

こんな顔でした。
目が吊り上がり口も裂けててかなり本気かつ冷静に殺る気な様子。
やはり指を切断されるまでは許す気でいたっぽいなぁ。

© 2017 佐藤洋寿

壮一の猟爪で地面に縫い付け勝負有りですね。
やっぱり物凄い戦力差。

© 2017 佐藤洋寿

切られた指を再生しようと試みますが、上手くいかずに苛立つ環様。
あご。
…アゴがめっちゃ怒ってる。
第三の死を間近に感じた事で肝を冷やしつつも、壮一が本気で自分を殺す気だったと再認識して怒りが沸々って所でしょうかね。
現状、壮一は身動きが取れないので恐れるに足らず。
美輪子の欠片の力でこっそり再生しつつ有るチカちゃんにターゲットを変更です。
壮一へのお仕置きも兼ねて一石二鳥。

© 2017 佐藤洋寿

小指の切断された左手を構えるって事は、環様は左利き。
木っ端微塵にしてやると壮一に宣言しており、目が本気。
チカちゃんは厄介なキャラなので死なないとか書いていたので殺されちゃうとちょっとお恥ずかしい。
しかし環様の決めた事なので…プレイの一環として受け入れるしか!
なんて思ってた所に復活しかけたチカちゃん、恐らくは美輪子によって弱弱しくも壮一の名が呼ばれます。
それを聞いた壮一がまた張り切っちゃうんですよね…
カチコチの猟爪を噛み砕いて拘束から逃れるパワープレイ。

© 2017 佐藤洋寿

壮一のあまりの迫力にまたしても驚いちゃう環様。
名前を呼び捨てにされてときめいちゃった可能性も捨てきれない。
やっぱりこの人、意外と可愛らしいですよね?
強気なフリして本当はやっぱり女の子って所がなんかグッとくるのですが…考え過ぎだろうか(; ・`д・´)
美輪子様は優雅なフリして邪悪ですからねぇ…真逆ですよね。

© 2017 佐藤洋寿

一瞬何が起きたか把握できず。
自分が詰んでいる事に気付いてやっべぇ!と焦ったところでしょうか。
傷から再び血が流れ出たって事は…恐らく心臓バクバクでかなりビビったはず。
このまま押し込まれたら死んじゃう状態ですね。

しかしここで焦って壮一を説得とかしない所が環様らしい。

うーむ、結構潔い人なのだろうか?
とても気高い姿に見えてますますお気に入りのキャラになりました。
やはり今一番の推し血族は環様。

そこへ壮一から取引を持ちかけられ、事態はより一層ヤバそうな展開へ突き進むわけですね。
環の屍牙でチカを血族にしてくれたら手を引くと持ち掛けられて思わず笑っちゃう環様。
その直後に壮一を見つめる目が深刻な感じ。

© 2017 佐藤洋寿

この様子から察するに壮一の提案はかなり危ういもの。
しかし詰んでる環様はそれを聞かざるを得ない。
説明した所で壮一が引くことも無い。
何かとんでもない事になると知りつつも、せざるを得ない状況。
諦めつつも壮一に何をしようとしてるのか解ってるのかと問うに留めたって所でしょうか。

次のは今回の引きのコマがこちらなんですがかなりの引きの強さ。
やはり取引条件を受け入れた環様。
恐らく今頃は再び従順になった壮一を可愛がってる事でしょう。
自分を追い詰めたって事で前以上に可愛く思ってるかも知れませんね。
くそぅ…早く次回が見たくて堪らないです。

それにしても、血族ってどうしてエロい雰囲気になるんだろう。
チカちゃんの左目付近が特にエロい気がします。

© 2017 佐藤洋寿

やっぱり死ななかったチカちゃんですが、この人も結構困った状況ですよねぇ。
多分二度目の朝帰り。
そして使い魔では無く血族化。
修や壮一のように人間社会に溶け込むには定期的に血液を供給する必要もありますね。
修は血を欲する衝動に抗ってましたが、チカちゃんあっさり暴走しちゃいそう。
壮一もこんな状態のチカと母を同じ家に置くってのは…そういう事なのだろうか?
こんなだと家族の元に帰ったら皆殺しちゃうんじゃなかろうか?
彼氏の修は美輪子の、そして第二の男である壮一は環の使い魔です。
教育係も居ない状況でこの先平気なのかしら?
この先、美輪子や環と戦う展開もやってくるのだろうか?
あと、屍牙の状態を見るからに…美輪子や環よりも強い血族になっちゃってるのかも知れません。
オリジナルの二人はそれぞれ顔の右側と左側の片方だけ口が裂けますが、チカちゃんは見た感じ両方裂けちゃいそう。
滴りに型のようなものがあるとしたら、美輪子と環両方の型を持ち合わせた、オリジナルに近い血族って事になるかも。
だとすればその辺にいる劣化血族よりは遥かに強そう。
無自覚に男を惑わす天性の素質…これはとんでもない血族が誕生しちゃいましたなぁ…。

やべー血族が生まれちゃった事で、まだ見ぬオリジナルの姉妹二人も出て来ちゃうかも知れませんね。
今回の血族化が実は禁じ手っぽいやり方で、美輪子と環が叱られるパターン…見てみたい。

これまで追いつつ予想したりしてきましたが、その上を行く展開に涎垂れちゃいます。
引きの一コマの威力もさることながら、不吉な予感で好奇心を煽ってくるところがちょっと癖になる。

うーん、他にも沢山読む物あるし、マガジンウォーカーで公開されてからでいいやーなんて思ってましたがゼノンだけ先に読んじゃいたいくらいです。

-読み物
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

メイドインアビス探窟で真実発見を試みる

今後の話でズバッと解決しちゃうかもしれないし、単なる見落としでわかってない事もあろうかと思いますが、 現時点で気になる事や考えた事をまとめるページ。 ”追記内容” リコさん   04/30 ハボさん  …

メイドインアビス イルぶるで今生きている決死隊メンバーについて考える

なんとなく…決死隊メンバーって現状では三賢しか残ってなくなぁい?と思ったので決死隊メンバーの名前をわかるところだけ抽出してみたでござる。 途中、48話の引きのコマにて既に干渉器が描かれている事を発見。 …

主にラノベを読んでた僕が時代小説の居眠り磐音読んだらドはまりした。

目次です。1 居眠り磐音 江戸双紙2 魅力的な登場人物たち3 読み終えてみた感想4 空也十番勝負…だと!?5 酔いどれ小籐次 居眠り磐音 江戸双紙 既に完結したこの作品、電車の中吊り広告で目にした人も …

屍牙姫 22話 悲恋 の感想

2か月ぶりの屍牙姫は鋭さが増していました。 序盤からかなり飛ばしてますね!すげぇや! ではでは、場面を振りかえりつつ感想書いていきます。 本誌発売から時間経ってるので平気かも知れませんが、ネタバレ嫌な …

岩田ユキ作、おナスにのって なんじゃこりゃ…素敵じゃないの!

特別読み切りゆえにコミックとして発売されるかわからんし、マガジンウォーカーの方は2ヶ月経ったら消えちゃうし…このお話をライブラリに残したい衝動に駆られてついついKindleで漫画アクション 2018年 …

カテゴリー

error: Content is protected !!