おけら長屋 読み物

本所おけら長屋も面白いですよ~!

投稿日:2017年10月22日 更新日:

愉快痛快抱腹絶倒!本所おけら長屋の9巻が発売されました!

落語を読めるのは知りうる限りこの作品だけかも。

買わねば…!
これを読まずに死ねるかってんでぇ。

時は恐らくお江戸の時代。
おけら長屋の住人たちが繰り広げる乙な物語。
作中、悲しい事も多々あるけれど、人間っていいな素敵だなって思える作品です!

作中の米屋の万造酒屋の松吉の掛け合いはたまらんですね。
まさに愛すべき馬鹿野郎達。
他にも八百屋の金太左官の八五郎さん、その嫁のお里さん…。
万松コンビの後輩的ポジション、魚屋の辰吉。
おけら長屋の良心且つ最後の砦、浪人の鉄斎
どいつもこいつも素敵で困っちゃう。

住人達の毎度毎度のお祭り騒ぎをちょいと覗けばあら不思議、
気付けばにんまり不気味な笑顔でございます。

基本的に電車の中で読むのはお勧めしません!
予期せぬタイミングで襲い掛かる笑撃に変な声が出るかもしれない。
そうなったら、翌日から車両を変えるか経路を変えるか…
なんとも恐ろしい作品だぜ…

特に要注意な話は第四巻の、よいよい という話です。
試しに今見返したらまた声が出てしまった。
何度見ても耐えられないこの話、初めて見た時の笑撃は測定不能!

酒の失敗で浪人になってしまった若芽錦之介。
彼と万造、松吉、八五郎、彼らの酒盛りシーンは必見!

毎度いちいち面白いこの話、

今後、各話を読んだ感想を書いて行きたいと思います。

一巻の感想はこちら。

 

-おけら長屋, 読み物
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

終末のワルキューレ 15話 消えた暴神 の感想

14話では神側のおっ?という小次郎の構えを見ての反応やらヒルデちゃんのドヤ顔と、勝利の気配をヒシヒシと感じさせながらのヒキでありました。 それがどうした事かゴングが鳴った後も両者動かず膠着状態。 ©  …

主にラノベを読んでた僕が時代小説の居眠り磐音読んだらドはまりした。

目次です。1 居眠り磐音 江戸双紙2 魅力的な登場人物たち3 読み終えてみた感想4 空也十番勝負…だと!?5 酔いどれ小籐次 居眠り磐音 江戸双紙 既に完結したこの作品、電車の中吊り広告で目にした人も …

メイドインアビス6巻の感想とあらすじ

メイドインアビス第6巻を読んで、感じ、想った事を記しています。 ところどころネタバレしちゃってますので、初見は作品で!というスタイルの方は、スルーした方が良いです。 既に作品を知っていて、あの部分につ …

終末のワルキューレ 12話 父の拳 感想

ついに決着…アダムカッコが良かったなぁ…ついでにゼウスも。 場面を追ってつらつらと書いていきます。 僕はゼノン発売から二週目に読んでるのでネタバレとか気にしませんよどうせみんな読んだあとにちがいないん …

本所 おけら長屋 一巻の感想

ペケジローが一巻を読んだ各話の感想。 2巻からはこれぞという話の感想のみにしよう…。 さて、改めて読むと一話目はなんだか、登場人物に遠慮が見られる気がするなぁ。 読者の様子を伺うような感じ? 愛犬が初 …

カテゴリー

error: Content is protected !!