お楽しみ

森産業株式会社【もりのしいたけ農園栽培容器付】でレッツ菌活! 無事3セット栽培した感想

投稿日:2018年2月28日 更新日:

森産業株式会社の製品、シイタケ栽培キット【もりのしいたけ農園栽培容器付】

初体験ながらもなんとか3度の収穫を終えましたので、商品の感想やお勧めポイントを書いていきます。

良かった点

椎茸栽培の喜びを体験する事が出来た

菌糸ブロックに霧吹きで水やりをするだけでこんな体験が出来るのは文句なしに素晴らしい。
菌類の強さの賜物かも知れませんが、初挑戦にて失敗なんて悲しい経験をせずに済みました。

僕でも食べられる椎茸の発見。

僕は椎茸の匂いが苦手で食べられい人なのですが、栽培椎茸はソテー限定ではありますが食べられました
これは椎茸のあの風味が良いんじゃないか!という人には悪い点のように思えるかも知れませんが安心してください!
煮ると思いっきり椎茸の香りがします。

寄り道せずに帰宅するようになった。

栽培を始めるとどうしても椎茸の様子が気になり、収穫までの間ほぼまっすぐに帰宅する日々でした。
ほっといても椎茸は育つのですが、やはりどうしても気になる。
どうやら気付かぬうちに夢中になっていたみたいです。

椎茸の発生する過程を見る事で少し親しみが沸いた。

栽培してみなければ解らなかった、椎茸の成長過程。
最初からあのずんぐりした形で発生しているわけが無いのはわかってましたが、実際にほんの小さな膨らみから完全体になるまでを目で追うと、食えない椎茸もなんだか可愛く思えてました。
また、商店に並んでいる椎茸と、実際に栽培した椎茸の違いも興味深かったですね。
売り物にはお客様の印象を損なわない事が大切、なのでどれも綺麗な形の椎茸になっています。
実際に育てると、その姿に育てるのがいかに手間のかかる作業なのかを身に染みて理解できる。
パッケージに6個も入ってお買い得のしいたけを見て、こんなに安くていいのかよっ!と思ったものです。

椎茸は枯れない

食べきれない量が生えても恐れる事は有りません。
干物ネットに入れて風通しの良い所に置いておけば干し椎茸に生まれ変わるのです!
これを試しに水で戻してみたら個人的に大変な事になりました。溢れんばかりの椎茸臭。
干すと風味が増すそうですが、本当です。
戻した水を嗅いでみたら魂が抜けそうになったのです。
紛れもなく本物の椎茸を育てたと実感しちゃいました。

室内で育つので虫とか鳥にやられない。

安心して育てられますよね
キンカンを育てて無事結実したその日からヒヨドリとアゲハ蝶の猛攻に合った事を考えれば、これは作物を育てる上でかなり重要なポイントではないでしょうか?
穴の開いたキンカンと自分の頭が重なって見える程の衝撃を受けたものです。

 

 

悪かった点

 

椎茸の菌が元気過ぎた。

マニュアルには、収穫後は霧吹きで水分を補いつつ2~3週間ブロックを休ませ、その後でブロックに給水作業という手順で書かれていました。その通りに霧吹きでの水やりをしていると、収穫から僅か1日で次の椎茸が発生したのです。
菌の元気が良すぎて予期せぬ第二ラウンドに突入、この時は良く考えもせずに自分の才能が怖いわぁ…なんて考えてました。

最初に生えすぎると、次回以降がちょっと寂しい

初回は数えきれないくらい生えました。

二回目は全部で15本。おまけにブロックに水分の補給をせずに開始したので、椎茸の傘の部分に皺が入るというトラブル発生。

三回目はブロックに給水したものの、発生したのは1本のみ。
それでも水分が十分である事と、一人でのんびりと成長したせいか、かなり大きな椎茸になりました。
文庫本と比較すると分かりやすいかと並べてみましたが、傘の大きさが14センチほどに成長。

このように、回を重ねるごとに椎茸の本数が減っていき、終わりの予感を感じさせてくれちゃいます。
お別れが近づいている感じがして結構寂しい気分になりますね。

菌活、辞められないかも

椎茸を栽培し終えたのでこれで一休み…と思いつつ次はエリンギを育ててみようと考えている自分が居る。
他にもなめこやきくらげブナシメジ、エノキまで控えているのです。
コスパで考えると、どう考えても買った方が良い。
しかし何故かこの時間的にもお金的にもマイナスなセルフキノコ生活の虜になっちゃっている気がします。

総評

3度目が終わったら終了。マニュアルにはそう書かれているものの、現在懲りずに4度目の発生に挑んでいます。
無理だったらおかわり君でも買っちゃおうかしら!なんて思っているくらい。

これは、楽しい。

プランターでトマトを栽培するのも楽しいがこちらは短い期間で収穫を体験できるので、飽きる前に収穫を体験出来て良いです。

子供の夏休みの自由研究にも良いのではないでしょうか?

いまだともっと凝ったものでないといかんのですかねぇ
僕が小学生の時は同じ菌でもパンに生えるカビの観察をしたっけ…たしかに評価も黒カビレベルだった記憶が。
それと比較するとキノコの菌は世界中で市民権を得ている立派な菌ですからね、先生も文句は言いますまい…。
えっ…カビ?えぇ…とか言われないからいいよね。

もし観察するなら、水を加える調理をすると何故か匂いがパワーアップする原因を究明とかしてほしいですね。
研究そのものが僕には出来ない偉業。

僕には子供が居ませんが、うちのワンコがキノコの匂いを嗅ぎつつこれなぁに?って目で見てきた時はちょっとほっこりしたもんです。

誰かと一緒に育てるってだけでも楽しい一時が過ごせるのは間違いないし、楽しいのでお勧めの品ですよ。

3/26 追記

ブロックに包丁で3mm程の深さの切れ目を5cm間隔で入れ、その後水没させたら水分量が回復したようです。
霧吹きしつつ観察していたら、なんとまた椎茸が生えてきました。
しかも、今までよりゴツい気がします。

ライターとの比較でサイズの感じが伝わると良いですが。
以前スーパーで購入した椎茸に匹敵するかも。
菌が鍛えられたのでしょうか?
やっぱり生えると面白い!
というわけで懲りずに5度目も挑戦しようと思います。
追記終わり。

-お楽しみ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

待乳山聖天に参拝、という名目の浅草ちょっぴり観光

ご覧の通りサイトに悦楽なんて言葉を付けちゃった僕。 検索してみたら悦楽の貴婦人とかいうワードが出てきて、今一度言葉の意味を辞書に求める。 えつらく 【悦楽】 よろこびたのしむこと。 合ってるでねーか! …

ジャンパトゥ[JEAN PATOU]ヴォヤジェール100mlオードトワレフラコン(ノンスプレー)

これは現在購入出来ず、再販の予定も無い品ですが、ウィッシュリストに入れてあったので引っ張り出してみた。 リストから削除したらもう画像すら見る事が出来なそう。 無い物をなんで貼ったんや?アホなのかしら? …

カテゴリー

error: Content is protected !!