読み物

終末のワルキューレ 75話 未来へ の感想

投稿日:

悦楽るーぷへお越し頂き誠に有難うございます!
最近暖かくなり草木の新芽を目にする機会が増えましたね。
それを見て生えるっていいな…と思わずにはいられないペケジローですこんにちは。

それでは読んで気になったコマをお借りしつつ感想を述べていきたいと思います。

まず初めに目についたのはスーパーロボ的カッコよさを持つテスラを応援するちびっ子たち。

終末のワルキューレ ©2018 アジチカ

こんなに沢山の子どもたちがテスラを応援してるんや!
僕にもこんな時代があったんや…と思うと汚れつちまつた悲しみになすところもなく日は暮れるってなもんです。

キッズの応援を背にラス1のコイルを奮わせるテスラさん。

終末のワルキューレ ©2018 アジチカ

と派手なブチかまし合いになるかと思いきや、既に両者共に満身創痍な為か小競り合い的な戦いになってました。

終末のワルキューレ ©2018 アジチカ

テスラさんは元々戦う人ではなくてアーマーで強化されてるだけなの!っていう所がブォンッって大振りパンチに現れているような気が致す。
しかしテスラさん以外ではこのヴェルンドは実現不可能なので実にもどかしい。
呂布さんに着せたら…あの人は脳筋なので使用不可ですね。
これ迄登場した闘士でどうにか使えそうなのはジャックくらいにござろうか。

観戦席では小競り合いにイライラしたアダマスがもっかい虚神使えばいいじゃない!と突っ込みを入れますが、ゼウス様の見立てでは…

終末のワルキューレ ©2018 アジチカ

なるほどベルゼブブは本来、虚神で決めるつもりだったようですな。
それで自爆覚悟でブチかましたもののテスラさんが耐えちゃった結果、この泥仕合というわけですか。

ここで観戦席のアレス兄弟の試合考察が挟まれました。
アレスさんがテスラワープ使われたらベルゼブブあぶないじゃん!?と言えば
ヘルメスがあれは虚を突く技のようなので戦闘センス抜群のベルゼブブなら対処するでしょと。

今度はそれを聞いたアレスが奥の手を封じたならベルゼブブの勝利濃厚じゃん!とにっこり。
しかしヘルメスさんはそうとも言い切れませんね…と思案顔をしたらばこうなった。

終末のワルキューレ ©2018 アジチカ

アレスさん、脳筋過ぎて3ターン以上の議論が出来ぬ模様。
お兄ちゃん弄り大好きっ子なヘルメスさんにこんな事しちゃったら次回以降またすんごく弄ばれるんじゃなかろうか。

ヘルメスさんは脳筋お兄ちゃんの対応に慣れたもんで冷静に懸念事項をお知らせ。
テスラコイルが残っている以上、何が起こるかわからんと。

テスラはベルゼブブの攻撃を回避する際、テスラ・ステップを駆使していたわけですが気付いたら足場をこんな風にされちゃった。

終末のワルキューレ ©2018 アジチカ

格闘センスの差が露わになりましたなぁベルゼブブさんの方が一枚上手。
テスラさんも素直にこいつぁしてやられたぜと認めますけども、流石ポジティブ野郎にございます。

ベルゼブブの振動を放つ技の負担が大きい事と、このまま続けると体が壊れるという指摘をしてお返し。

そんな事言われてもこうでもしないと君に勝てないのだし、と頑張るベルゼブブさんですがここで物言いが入りました。

終末のワルキューレ ©2018 アジチカ

負担が命に関わるレベルに至った事でリリスのおまじないが発動。
だがよく考えて欲しい…負けたら消滅しちゃうのだと。

ベルゼブブの行く末を案じて施したものが、ここではきっちり呪いのような効果になっちゃってるのではなかろうか。

死なないでぇー!と、無茶するベルゼブブを抑えた結果、テスラにボコられて消滅する事になっちゃったら本末転倒にございますぞ。

愛って難しい。

しかしベルゼブブさんは愛情をしっかりキャッチ。
頼む止めないでくれ…今僕は命を捨てているんじゃない、懸けているんだ!と熱血状態に。

したらば呪いもその意を汲んでかスッと引いていきましたよねぇ…

終末のワルキューレ ©2018 アジチカ

なんか意外と素直。
リリスの意思が宿ってる感有りますけども、ベルゼブブの鬱メンタルと肉体的損傷に反応して発動する仕組みなんじゃろか?
うぉぉ!と熱血状態なら引っ込むのかもしれねぇ。
色々と漲って来たベルゼブブさんがここに来て新技を炸裂させてきましたね。

終末のワルキューレ ©2018 アジチカ

こりゃすげぇ技ですよ…
骸骨のツルツル頭が無数に突き出されるという迫力に僕のメンタルにも大ダメージ。

テスラさんは見た瞬間に振動を振動で増幅させていると解析…いやベルゼブブさんが技名で答え合わせしちゃってますけども。

技を見て感心しちゃったからなのか、回避する余裕がないって事で瞬時に腕を交差させ防御する事にしたテスラさん。
やっぱり学者さんなので習得能力がお高い様子。
僕だったらばあわわわー!と言ってモロにぶっ飛ばされるでしょうぜ

して、技の威力がなんぼのもんだったか…

終末のワルキューレ ©2018 アジチカ

瞬時にコイルと頭部を守ったようですが、アーマーがさらにボロボロになるほどのダメージを負ってしまったですよ。

えぇ…なんでこれを虚神使う前にやらんかったんです?とおもったけども、虚神で大ダメージ与えたからこそ通じると判断したっぽい?
コイルが2個現存してる状態ならば最悪ワープで回避されて無駄打ちになる可能性がありますからな。
そしてベルゼブブの振動は自身への負担が大きい。
可能であれば一撃とて無駄にはしたくないでしょうし。

こんなん喰らったらへこたれちゃうやろなぁ

と、思ったら喰らったのはテスラさんだったのでした!

終末のワルキューレ ©2018 アジチカ

技の仕組みに大感激しよった。

後に一つの振動にいくつもの役割を与え利用する―とか言ってますのでね、僕にはさっぱりわからんけどもテスラさんはなんか色々知ったようでウッキウキ。

そして某探偵漫画なら勝ち確演出間違い無しなセリフが飛び出し、ここで勝利の確立がブチ上がりましたな!

終末のワルキューレ ©2018 アジチカ

これな!
いや言ってみたいですね…未だに我が人生の解は迷子ですし。
あっ…駄目って事ぉ…?

Q・E・D

大技をブチ喰らってなおこの様子のテスラさんに、会場の皆さんは当初呆気にとられつつも何やら気分ブチ上がり。
あきらめムードも一転どこへやらってなもんです。

そしてベルゼブブの攻撃に着想を得たテスラさんが人類は危機に瀕する度に進化してきた!と繰り出したのがアメージング。

さぁ人類よ共に征こう…

終末のワルキューレ ©2018 アジチカ

これは先ほどのベルゼブブさんの振動活用法の分析からして、電流そのものでコイルを作っちゃってますね?
腕のコイルが存在した個所に電流グルグルしていて、前のコマの腕周りの描写もなんかそれっぽかったし。

終末のワルキューレ ©2018 アジチカ

カッコ良きかな…

電流そのものにコイルの役割を与えるという事はつまり、物理的な制限が無くなったわけなのでワープ使い放題ってことぉ!?
アーマーなんか要らんかったんや!とはならんと思いますけども、仮にこの試合後に再びヴェルンドを纏う機会があるとすればその時はデザインが大きく変わっている事でしょうな。

今後の展開を妄想しますと、問題のラス1コイルが破壊されてOMG…という雰囲気になっちゃうけどもコイルはあるよ!って事でアレスさん辺りがなんだってー!とケツを振るわせたりするじゃろか?

それにしても電流そのものをコイルとして作用させるですか…いきなり強すぎなのでは!

今月は新たな発明をしちゃってご満悦なテスラ・スマイルにて幕引きとなりました。

終末のワルキューレ ©2018 アジチカ

が、個人的にはなんか遺影っぽい気がして勝ち確とは信じきれないのですが。

閃いたぞ!

遺影に髪の毛を生やす画像加工のサービスを展開したら繁盛するのでは?
需要はここにありますし。

created by Rinker
¥726 (2024/06/14 15:57:29時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

-読み物
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

魔女大戦 33話 恋する彦星 の感想

悦楽るーぷへお越しいただき誠にありがとうございます。記述がぶっ飛んじゃってましたねぇ…もう忘れちゃいましたわよ! そうそう…織姫ちゃんの過去回想から始まったのでした! するといきなり驚きの文字が目に飛 …

本所おけら長屋も面白いですよ~!

愉快痛快抱腹絶倒!本所おけら長屋の9巻が発売されました! 落語を読めるのは知りうる限りこの作品だけかも。 買わねば…! これを読まずに死ねるかってんでぇ。 時は恐らくお江戸の時代。 おけら長屋の住人た …

神無き世界のカミサマ活動が面白いですね以後カミ活でいいですね

悦楽るーぷへお越し頂き有難うございまぁす!久方ぶりに面白漫画に遭遇しウッキウキで神無き~と入力したら第一候補が髪(´;ω;`)だっだのでちょいとイラっときちゃったペケジローです。聞こし召せ…一つ髪!! …

終末のワルキューレ 44話 零 の感想

悦楽るーぷへお越し頂き誠に有難うございます!賃金労働者ゆえに今日は感想を完走出来なさそうなペケジローです。 ふむ…今回は気になった個所でここぞというポイントに絞ってみましょうか…と、思ったらなかなか気 …

読んで面白かった小説をご紹介するぺーじ。

僕が読んで面白いと思った小説をてきとーに紹介していきます。 そして僕のオツムの具合が宜しくないのでネタバレも混じりますね。 これはもうね、しょうがない。 おばかに付ける薬を飲んだけど全然治らない。 と …

music

Hulu



カテゴリー

error: Content is protected !!