雑記

メリー・ポピンズ チャプター2 The day out の英文を書き写してみた結果

投稿日:

チャプター2書き写し後の感想

ここまで活用してみてやっと気づいたですよ…グーグル先生慣用句を全力でスルーしてるでしょ!?
そりゃ時々わけわからん文章にもなるわいなぁ
日本語的に言うなれば… 臍で茶が沸くって聞いて、
「いやいや臍で茶はわかないだろ常識的に考えて…」みたいな心境になる個所がチラホラあって違和感を覚え始めたですよ。
やだ…僕ったらちょっぴり成長してるかも。
それはさておきなんたることか…真の難敵はグーグル先生だったのですかちくしょーめ!信じてたのに。
って事で、チャプター3からはweblio翻訳も併用する事にしました。

こちらの方は慣用句にも強いみたいで、文章翻訳した時もちょっぴり意味が判りやすいですね。
例えばday outを翻訳した場合。

グーグル翻訳では外出と訳されるのに対し、weblioの翻訳だと休暇日と訳される。
なので、全部追ってみた後では後者の方がしっくり来ます。

でも文章を翻訳したらpooh!がうんこ!って訳されて色々台無しになったりしたのでこちらも色々問題を抱えてそう。
機械翻訳って難しいんだなぁー

お話の中身に関して気になったところやわかった事。

英文を日本語に置き換え物語を読み解く最中の僕のおつむの中身を残しておきましょう…
これもいつか何かの役に立つかもしれない。

メアリーさんの交渉
まず最初の、ミセス・バンクスとメアリーさんの会話が何を言ってるのかわからんかった。
しかし今にになってチャプターのタイトルが主語の代わりになってる事に気が付いたり、
「第三木曜の2時から5時までお休みやで!働き者には第二木曜の1時から6時までもやるで」ミセスバンクスが一方的に言ってるのかと思ったら
第三木曜~って言った夫人に対して「一週おきに木曜の1時から6時まで休ませてくれや!」とメアリーさんが交渉をブチかましたシーンだったと気付いたりで…訳した時は全然読めてませんでしたね。
文章でこのザマな僕にとっては、同時通訳しちゃう人は神か悪魔か物の怪か…今この瞬間めっちゃ尊敬しちゃってます。

メアリーさんはきっちりと自己主張するタイプ
作品で極めて自然に語られているナニ―の労働条件がお休みは月1日のうち数時間という過酷さだったりする。
現代に生きる僕にしてみれば、各週休みでもまだ厳しいと思ってしまうのですが。
しかしながら、ミセス・バンクスの提示した条件が当時のイギリスの常識的な条件だったのでしょうな。
当時の背景を知る事が出来たのは嬉しい誤算であった。

それにしてもメアリーさんはお強い…特にメンタルが。
メアリー・ポピンズが常識をぶっこわ~す!的なノリの作品なんじゃろか。
なんというか、その…結構好きかも。

そして出かけるメアリーに気付いたジェーンが「どこいくのー?」と聞いたのに対して「窓をしめてちょうだい」と言って行き先を告げずに出かける…ああ、うん…プライベートで個人情報だもんね!
子供に厳しいメアリーさん像がまだ拭えません。
強メンタル&子供に厳しい女性ってどんなヒロインなんだ…
ともあれ、この時点でチャプター1の様子から主人公と思われたジェーンとマイコゥからその座を捥ぎ取った気がいたす。
他者の視点から見たメアリー・ポピンズ像が展開されると思ってたけどこっちの方がわかりやすいですね。

マッチマン
次に、マッチマンで絵描きのバート青年との再会場面ですね。
なんかバートさん、メアリーみて涙ちょちょぎれ状態だったらしいけど、もしかして別の作品で関係の深い人物だったりするのだろうか?
様子を見るからに随分久方ぶりの再会らしいけど、文章からは良く知る事が出来ませんでした。
モリモリ読めるようになったらいつかわかるだろうか。

自由な働き方が尊重されてた?
バートは天気が悪い日はマッチ売り、良い日は路上に絵を描いて稼いでるらしい。
結構自由に暮らしてそうだと思ったけど、代償として収入は不安定みたいですね。
こうしてみるとバートはんには若干共感できる部分が有りますね。
自分のお楽しみが収入に直結したならば、それはとても喜ばしい事だもんなー

穏やかな描写の中に大問題が発生
ここで我が社会人生命を脅かしかねない一文が出てきちゃって自己嫌悪。
記さねばダメージを受ける事は無い…しかし、己の未来の為に敢えて残しておこう辛いけど。

He picked it up and jingled the pennies.

これな!(;´∀`)

Heはですよねもちのろんですよ。
picked it upはまぁピックアップとか良く聞くので手に取るとかそんなん。
jingledはジングルベルのあれかな~とおもいつつ、グーグル先生に聞いてみたところ…ちんちん鳴らす
今思えばこれがいかんかった…グーグル先生に嵌められたのかも知れない。
ちんちんというフレーズがおつむに充満している所にペニーとか出てきたもんで…
脊髄反射的に「きゃっ!バートったら何しよんじゃ!?」って思ったわたくし。
いざ記してみると、思ったよりめっちゃしんどかったので介錯をお願いしたい気持ち。

前後の流れてペニー通貨の事に決まってるのに何故…いや何故と言われても。
ちりんちりんであったならこんなことにはならんかったのに!
いや全面的に僕の心が穢れてるせいでしたね悔い改めよ( ;∀;)

英語のお勉強してるだけで心に傷を負うとはおもわなんだぜ。
今は辛かろう…しかしこの悔しさをバネに英語をスラスラ読めるようになるんだ、ペケジロー!
カーネルサンダースがそういって励ましてくれていると思って頑張って行こう…辛いときにはフライドチキンを食べるんだ。

絵画世界
メアリーさんが不思議な力を持っているのはチャプター1で知っていた。
なので絵の世界に行く時はメアリーさんがやらかすのだと思っていたら、バート青年が主導していたではあるまいか?

お前かよ(‘Д’)
うーむ、バートって何者なんじゃろ?
ともあれ、絵画世界突入後には二人とも互いの変化に感激してて良かったですね。
二人の想像の世界と言えない事は無いけども、この場面は本当に不思議で幸せな出来事を体験したのだと思いたい。
おやおや?なんだか素敵な物語を脳裏に浮かべることが出来ている気がしますね英語なのに。
以前よりも成長した気がしてきました。
それは勘違いです、ペケジロー。この結果はグーグル先生が頑張りました。と英文的に記しておきます。

帰宅後

お家にいた子供達との会話のやり取りが難しかったかも。
文章の関連性がちっとわからんので適当にセリフを考えてみたですよ…

ジェーン:どこ行ってたの?(*’ω’*)
メアリー:おとぎの国よ
ジェーン:シンデレラに会った?(*’ω’*)
メアリー:え?シンデレラはここにおるじゃろ( ´,_ゝ`)
マイコゥ:シンデレラとかマジ言ってんの?ロビンソン・クルーソーの間違いじゃろ!
メアリー:ロビンソン・クルーソー…って貴様ぁ…!(‘Д’)
ジェーン:どうやっておとぎの国に行ったの?私たちの知ってるおとぎの国は行けたりしないわ!
マイコゥ:(ジェーンに全力でスルーされとる…)
メアリー:あなたは知らないのね(´・ω・`)みんな自分のおとぎの国をもっているのよ?
マイコゥ:(スルーされ過ぎてめっちゃ息苦しい…!)

で、そのまま二回に上がっちゃうわけですね。
マイコゥのメンタルがやや心配ではありますが…それよりも自分だけのおとぎの国とは、そしてそこへの行き方とは、という当然のように沸いた疑問までスルーしてチャプター2は終了です。
スルーされる哀しみをマイコゥと共に味わう終わりかたがなんとも切ない感じですねぇ…

なんか強引にこじつけちゃってるわけですが、翻訳版を読んだ時にどうなることやら(;´∀`)

-雑記
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

2018年11月のあれこれ

目次です。1 amazon 返品時に500円足らない問題 解決 11/292 俺サンドウィッチ、好評 11/283 お肉への香り付け 失敗 からのハイパーハードボイルドグルメリポート 11/254 双 …

ペケジローのおつむ 2019年1月分

目次です。1 amazonJs 1/312 1枚3役多機能家庭まな板を購入。 1/293 エゴサってなんじゃ? 1/284 火加減は完璧な煮豚ちゃん 1/275 煮豚ちゃん 1/265.1 墓石はいか …

置き引きですってよ!

職場の先輩殿が、居酒屋で劇場型の置き引きに遭ったという話を聞いてびっくり。 一緒に飲んでいた友人が絡まれて、それを仲裁している所をやられたのだとか。 恐らくは引き付け役と実行犯の華麗な連携。 先輩は友 …

英語の読み書きを習得するには何すりゃいいの?

今頃になって英語の読み書きがスラスラっと出来たら面白かろうなって思い始めたわたくし。 洋画や洋書、海外のニュース等をダイレクトに理解することが出来たなら楽しかろう。 リスニングも出来たらなおよろしい。 …

しいたけ栽培キットに挑戦!しいたけ食べれないけど。

どんなに飢えてもしいたけだけは食べられない程に加熱時の匂いが無理。 今後、自分の死因になりそうなのが濃厚なしいたけ臭による窒息です。 肉まんの椎茸含有率が10%を超えたら僕にとっては毒入り饅頭であり酢 …

music

Hulu

カテゴリー

error: Content is protected !!